Top / 遺言書作成支援サービス

サービス一覧

遺言書作成面談サービス

5,400円 / 1回(税込)

  • 遺言書作成全般に関するご相談
  • 電話・メール相談よりもきめ細かなアドバイスが可能
  • ご自身ではお考えがまとまらない時に

ご留意点

  • 業務のご依頼のための事前面談の場合は無料とさせていただきます。
  • 東京都内(島しょ部を除きます)は交通費無料にて出張面談も承ります。
  • 関東地方隣接県(埼玉県、千葉県、神奈川県)以外のエリアにつきましては、別途交通費実費をご負担いただきます。


自筆証書遺言作成支援
サービス

54,000円(税込)

  • 自筆での遺言書作成をオーダーメイドでサポート
  • せっかくの遺言が無効とならないために、安心の起案・推敲・リーガルチェック

ご留意点

  • 起案の前提として各種資料の収集や財産調査を依頼される場合には、別途調査日当・書類取得費実費を申し受けます。

遺言は、その人の最後の意思表示ですから、遺言を遺そうとされる方ご自身の意思に基づき、ご自身の手で作成されるのが原則です(自筆証書遺言)。

しかし、せっかくご自身の手で書かれた自筆証書遺言でも、法律で定められた形式的な要件に配慮していなかったために無効となってしまうこともあり得ますし、遺言の内容によっては、自分の死後に新たなトラブルの火種となってしまうことも考えられます。
このような事態は避けなければなりません。

当事務所では、お客様のご意思を尊重するという前提を維持しつつ、種々の要素(財産の内容、推定相続人の構成・人間関係、相続税の負担、次代の相続、等)を総合的に考察し、長期的な視野から、お客様にとって最適と思われる遺言の内容をご提案し、自筆証書遺言の原案を作成させていただきます。

書類取得費実費(戸籍謄本代・住民票代等)の目安(例)

  1. 財産をもらう人の住民票
    → 約200円~300円(自治体により異なる)
  2. 遺言者と推定相続人との関係を証する戸籍・除籍・改製原戸籍謄本
    → 450円又は750円
  3. 不動産登記事項証明書(登記簿謄本)
    → 600円
  4. 固定資産(土地・家屋)評価証明書
    → 400円(東京23区=都税事務所の場合)  


公正証書遺言作成手続
支援サービス
おすすめ!

86,400円(税込)

  • 公正証書作成に必要な手続をオールインワンで
  • 公証人との連絡調整もらくらくお任せ
  • 証人の手配も心配なし

ご留意点

  • 起案の前提として関係者の存在確認、財産調査が必須となりますので、その調査日当につきましては報酬額に含まれています。
  • 書類取得費実費と、当職以外の証人1名分の日当は別途申し受けます。
  • 公証人に支払う公正証書作成手数料は報酬額には含まれておりません。

遺言を公正証書で作成する場合(公正証書遺言)には、公証人が作成に関与するため、後々トラブルが発生するおそれが自筆証書の場合と比べ極めて少なく(事実上ないと言って良いくらいです)、死後の検認手続も不要となる点がメリットです。
その反面、公証人に提出する資料の収集や、証人の手配など、公正証書作成の準備段階においてしなければならないこと、考えなければならないことが多く、思わず躊躇されてしまう方もいらっしゃるかと思います。
当事務所では、自筆証書の場合と同様、お客様にとって最適と思われる遺言の内容をご提案することはもちろん、必要な資料の収集の大半の部分や公証役場・公証人との連絡をお客様に代わって行いますので、お客様が役所や公証役場に何度も足を運ぶという手間はありません。また、証人につきましても、守秘義務を有する国家資格者である行政書士に当事務所を通じて依頼いたしますので、ご安心ください(但し、公証人に支払う費用、証人に支払う日当は別途必要となります)。

証人日当の目安(例)

  • 約10,000~20,000円  


出張・実地調査・現地作業
・官公署への付添い等

5,400円(税込)~

  • 上記サービスに含まれない出張・実地調査・現地作業・官公署への付添い等が必要な場合に
  • タイムチャージ制(上限額あり)で安心

ご留意点

  • 目的達成に要する時間(移動時間も含む)に応じた料金体系です。
    • 1時間以内 5,400円
    • 1時間超4時間以内 21,600円
    • 4時間超8時間以内 32,400円
    • 8時間超 54,000円(上限)
  • 特例として、犯罪による被害を受けられた方(そのご遺族を含みます)が、杉並区内3警察署(荻窪警察署・杉並警察署・高井戸警察署)への付き添いを希望される場合には、日当は無料といたします。